著者プロフィール と 緒言- Authers Biography & Introduction-

横山光輝:
Yokoyama, Mitsuteru
本名:横山光照
生まれ:兵庫県神戸市 1934(昭和9)年6月18日
戦争中は鳥取に疎開
手塚治虫の「メトロポリス」を読んで漫画を書き始める。
高校卒業後、銀行に勤めるが4ヶ月で退社。
映画会社宣伝部の仕事を経て
1955年20歳の時「音無しの剣」で東光堂よりデビュー。
1956年より光文社「少年」に連載を始めた「鉄人28号」で確固たる地位を確立、
「鉄人」は「少年」誌上で手塚治虫の「鉄腕アトム」と人気を二分した。
1991年「三国志」で第20回日本漫画家協会賞優秀賞受賞。
SF、時代劇漫画、歴史漫画、少女漫画と、多方面で活躍。
2004年4月15日午後10時30分 永眠

著者近影

このページに寄せて:

インターネットにホームページを置くようになって、小説や写真といった趣味の発表のようなことを始めたのですが、実は私にとって、インターネットという画期的なメディアを利用して最もやりたかったことというのは、私が幼い頃から憧れ続けてきた素晴らしき漫画家、横山光輝氏のデータベースを作成することでした。私は横山先生のファンクラブにも所属していませんし、マニアックに氏の漫画を収集することに情熱を傾けてきたなどと言うこともありません。ただの一ファンに過ぎないのです。まことにもって熱烈なファンの方々に対しては汗顔の至りなのですが、気持の上では彼の方々に負けないものを持っているつもりです
私と氏の漫画との邂逅はもちろん「鉄人28号」でした。雑誌「少年」を毎月楽しみに待ち、私が知る前に発表された作品に関しては光文社のカッパコミックスを買って(もらって:自分で買える年齢ではありませんでしたので)読みました。物心ついたときにはテレビでモノクロの「鉄人」を毎週見ていました。「夜ーの街にガオー」という例の主題歌が始まる前の、鉄人の影が迫ってくるシーンや、その前の街の夜空にサーチライトが走る中、「グリコ、グリコ、グ、リ、コー」の部分も、今更ながらに懐かしく思い出せます。赤影」もいましたし「魔法使いサリー」もいました。そして「ジャイアント・ロボ」。これらはむしろアニメやドラマとの接触によります。漫画の方では「伊賀の影丸」を通過して、「バビル2世」でブレイクしました。もはや私の中で横山光輝という漫画家は不動の地位を築いていたのです。
日本では漫画家といえば手塚治虫。世界に誇る手塚治虫。そういう構図ができあがっています。むろん私も手塚治虫の才能と業績に関して評価というのはおこがましいほどの価値を認めるにやぶさかではありません。現に、横山氏自身が漫画を書くきっかけを作った人を手塚治虫とし、氏にとってさえ、別格の人物であったことが伺えます。しかし、それでも私にとって、横山光輝は手塚治虫より遙かに上の漫画家なのです。
純粋なエンターテインメントとしての横山氏の漫画は、他の追随を許さない。アトムがいかにすごかろうと、鉄人に比べたら足元にも及ばない(実際に鉄人の方がデカイ)。エイトマンだって鉄人なら手の上に乗せて空を飛んだでしょう。
別にここでアトムやエイトマンをけなすのが本意ではありません。そもそも私はどちらも好きですし、鉄人がそれを凌駕している(少なくとも私の中では)ことをくどくどと言いたかっただけなんです(赤面)。
私より若い世代では、個人個人が、自分のフェイバリットと呼べる漫画家や作品を持っていることでしょう。もちろん思い入れの度合いは違うにしても、それなりのこだわりがあるに違いありません(別になくてもいいのですが)。私は今このサイトで、その思いの丈を吐き出したい、それだけなのかも知れません。
私と同好の士とは言いませんが、少しだけでも賛同できる部分がある方がいましたら、ご協力いただければ幸甚の至りでります。
このページを立ち上げるに当たって、私は画像を入れるかどうかについて悩みましたが、当初は無しでスタートさせることに決めました。画像ファイルが無いというのが最大の理由ですが、著作物としての慮りといった意味も少しだけあります。「使ってもいいよ」という横山先生の暖かいお言葉と、画像をお持ちで、ご提供下さる諸氏諸兄の温情を待ちつつ、データベースづくりに励んでいきたいと思っております。
叱咤激励、賛同、等、喧嘩腰でないメールをお待ちしています。雑文失礼。

1997/7/29 追記

画像に関しては上記のような形で始めましたが、やはり全く無いのは寂しいと思い、今回追加することにしました。あくまでデータベースとしての必要性から、[引用]の枠を越 えた使用は避けたいと考えております。
1999/8/19 さらに追記
先日、光プロへの問い合わせの結果、画像禁止のお達しをもらったので、基本的に画像は削除いたします。本来著作権法の現行の判断によれば、文章以外で"引用"を認められたケースはなく、画像の使用に関しては、著作権者の許諾が必要であるようです。私は、文章同様、画像もいいかと思っていたのですが、いずれにしても引用も、研究論文とか評論に限られるようです。
もっとも、問題のないケースに関しては、"黙認"という形で、通っているのが現状のようです。著作権法の違法というのは、著作権者が訴訟を起こして初めて成立するものですから、著作権者が不利益と判断するまでは、おそらく黙っているだろうと思います。それは光プロだけの問題ではなく、私が同じ権利を有したとしても、そうすると思いますし、ある意味でそれは賢明な判断だと思います。
まあ、問い合わせをしなければ、怒られるまで今までのままで良かったと言えばそれまでなのですが、覆水盆に返らずで、「だめ」を出されてしまったからには、その要請を受け入れるしかありません。いつの日か、公然と画像を掲載できる日を待ちつつ、サイトの運営に邁進して参ります。

2001/6/12

色々ないきさつはありましたが、画像が復活されることになりました。関係各位、特にI氏のお骨折りによるところが大きいです。
光プロの徳永さんも大変いい方で、このサイトの主旨をご理解いただき、一層の横山作品紹介サイトとして公認いただけたと考えております。今後は、いい形で著作者側とファンとの間にあるサイトとしてがんばっていきたいと思います。
尚、このサイトで扱っている画像に関しては全て著作権は横山氏にあります。あくまで作品の紹介と、読者に対する便宜として掲載許可をいただき、掲載しているものです。他サイトへのコピー・流用等は一切禁止致します。