尖閣諸島付近における漁船衝突事故のビデオ

 というタイトルで、今更と思われる方も多いかもしれない。
 ちょっと気になったので。
 つまり、今回海上保安庁の保安官が・・・・関係ないがこの保安官というのも、何度聞いても西部劇を想起する。・・・YouTubeに流出させたものは直後に削除されたようだが、今でもそのコピーを見ることは可能だ。いって見れば、世界の人が見たことになる。
 さて、国会でも改めてこの映像を公開する要求がでているようだが、改めて公開する意味と、国の公開っていうのはいったいどういう形でなされるのかということが気になった。
 まさか政府がYouTubeで流すほど気が利いているとは思えないし、ましてやニコニコ動画ということはないだろう。
 となれば、政府か海上保安庁のホームページと言うことになるのだろうか?
 マスコミにDVDを配るだけということもないだろう。
 ネットに出されたコンテンツは、誰にもコピーできない様にするというのはまず不可能だから、見せる以上はコピーされることが前提である。よく右クリック禁止とか、プリントスクリーンでさえできないような処理をしているホームページがある。それはそれでいいし、否定するものではないが、実際は焼け石に水というか、全てを防げないということは判ってすべきだと思う。
 今回、テレビでもたくさん流されたし(ほんの一部だが)、ネットでも未だに見ることができる。
 改めて公開とかいう話よりも、国会でやるべきことはもっとあると思うのだが。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です